秋の冷たい空気の中に響く小気味良いキャッチーな音楽と、ゆっくりと沸き起こる歓声。

一面に広がるジャージの海が大歓声とともに激しく波打ち、体中にアドレナリンがほとばしるのを感じます。気がついた時には衝動に駆られて立ち上がり、大観衆と一緒に声をあげてチームを応援しています。

これこそまさに、オーバーウォッチ リーグで初めてeスポーツの世界に足を踏み入れたComcast Spectacorが心に描いていたものです。兄弟愛の街に最新のeスポーツチーム、Philadelphia Fusionが誕生しました。

“Fusion(融合)”という名前はマーケティング上の判断で付けられたというよりも、彼らの組織としての理念が反映されています。世界中から才能あるプレイヤーを集めて一つのチームに融合するというのが彼らの理念であり、チームの12人のメンバーの出身国はイスラエル、韓国、カナダ、イギリスなど9ヶ国におよびます。この“国際連盟”的アプローチで世界中からトップクラスのプレイヤーを集めています。全メンバーの内の10人はオーバーウォッチ競技の黎明期からのプレイヤーで、以前に所属してたチームではそれぞれのチームの顔として活躍していました。Fusionは単なるマーケティングツールではなく、チームのオーナーであるComcast Spectacorの哲学なのです。

Kirby

「オーバーウォッチ リーグでは非常に高い水準が求められるので、競争力を高めるには手に入る中で最高の人材を集めてチームを作るのが最善の手段だと考えています」とFusionのヘッドコーチ、Yann "Kirby" Luuは言います。「結果的に、チーム名には私たちのチーム作りの哲学があらわれることになりましたね」Luuは長い間、オーバーウォッチeスポーツの最前線で活躍しており、彼の経歴はオーバーウォッチ コンテンダーズ以前の2017年初頭まで遡ります。

初開催シーズンのここまでの戦いにおいて、Fusionの選手獲得方針は狙い通りの効果をあげており、複数のプレイヤーが目立った活躍を見せています。

もし、あなたがゲンジ使いなら、ロシア出身のGeorgii "ShaDowBurn" Gushchaは紹介するまでもないでしょう。彼は世界最高のゲンジ使いの一人と評されており、2016年と2017年のオーバーウォッチ ワールドカップにロシア代表として参加していました。Gushchaは韓国出身のJae-hyeok "Carpe" Leeとともに、Philadelphia FusionのDPSオールスターとしてチームのオフェンスを率いています。

Isaac "Boombox" Charlesは世界最高のゼニヤッタ使いの一人で、2017 オーバーウォッチ ワールドカップにイギリス代表として参加していました。スペイン出身のベテランプレイヤー、Alberto "neptuNo" Gonzálezは2017 オーバーウォッチ ワールドカップにスペイン代表として参加しており、サポートの控えメンバーのJoe "Joemeister" Gramanoは前回のオーバーウォッチ ワールドカップで2位を獲得したカナダ代表のメンバーです。

これらの選手を見るだけでも、彼らが“国際連盟”と呼ぶのにふさわしいチームであることがわかるでしょう。

Philadelphia Fusionのロゴ

荷電粒子

原子のロゴは、性質の異なる物質を組み合わせてまったく新しい何かを作り出すというクリエイティブなエネルギー、そのダイナミズムと速度感を表現しています。オレンジと黒のチームカラーはチームオーナーのComcast Spectacorが同じくオーナーを務めるNHLチーム、フィラデルフィア・フライヤーズと同じチームカラーであり、ファンにとってはお馴染みのものです。

「選手の採用にあたっては北米、ヨーロッパ、韓国の3つの主要地域で時間をかけてトライアルを行いました」とLuuは言います。多彩なメンバーは生き残るためだけでなく、勝つために選んだのだと付け加えました。「プレイヤーの選抜やスカウティング、契約締結の最終判断は全コーチングスタッフが参加して行っています」

この方針のおかげで、Philadelphiaは世界中のオーバーウォッチファンにアピールすることが可能になりました。まだ応援するチームを決めていないリーグのファンがFusionに注目する可能性は大いにあります。

もちろん、これまでeスポーツの存在を知らなかったフィラデルフィアの人たちがファンになってくれる可能性もあります。オーバーウォッチ リーグは都市を拠点にしたチームを擁することで旧来のスポーツファンの取り込みを狙っていますが、だからといって同都市内の他のスポーツチームとファンを奪い合うことにはならないとLuuは主張します。

「私たちがイーグルスやフィラデルフィアの他のスポーツチームと争うことになるとは思いません」と彼は言います。「同じ都市を拠点とするチームの間にはコミュニティ意識があります。その伝統に参加できることを嬉しく思います。ファンの拡大に関しては、既存のカジュアルなオーバーウォッチファンをeスポーツファンに変えることが最優先です。フィラデルフィア周辺だけでも300,000人のオーバーウォッチプレイヤーが存在します。旧来のスポーツのファンが存在することから、フィラデルフィアはこの国で最高のスポーツ都市だと言えます。私たちが努力を続けて勝つことができれば、きっと都市から評価されるはずです」

入国手続き等の問題によりFusionはオーバーウォッチ リーグのプレシーズンに参加することができず、Luuとサポートスタッフは大変な思いをしましたが、多彩な顔触れをそろえたチームの建築家として、彼らは逆境を乗り越えることこそが重要だと考えています。リーグが開幕してまもない内からHouston OutlawsやNYXLとの接戦を制し、彼らはリーグ内で注目される存在となっています。

ライバル

オーバーウォッチ リーグで最大のライバルは?

Boston Uprising、NYXL

ただし、Philadelphiaの真のライバルがどのチームになるのかは、まだ分かりません。

「スポーツ界には地理的なライバル関係と歴史的なライバル関係の2種類のライバル関係が存在します」とLuuは指摘します。「同じ北東部のチームであるBoston(Uprising)とNew York(Excelsior)は(自分たちにとって)地理的なライバル関係に当てはまります。後者については、NFLの(ダラス)カウボーイズとイーグルスが、同じディビジョンで過去に何度も記憶に残る戦いを経験しているので、歴史的なライバル関係だと言えます。オーバーウォッチ リーグはまだ始まって間もなく、真のライバルは今後そのような熱い戦いを経験して行く中で決まっていくことでしょう」

eスポーツと旧来のスポーツを結びつけるもう一つのテーマは、歴史に名を残すことです。

「それが具体的に何を意味するのかはまだ分かりませんが、アトランティック・ディビジョンを代表する優れたチームとして名を残したいと思っています」とLuuは言います。

世界中から集まったプレイヤーたちの準備が整い、チームの基礎は完成しました。この多彩な才能をチーム内で融合して、Philadelphia Fusionは兄弟愛の街の歴史にその名を刻みます。

Philadelphia FusionのTwitterFacebookInstagramYouTubeをフォローして、チームのことをさらに詳しく知りましょう。Philadelphia Fusionの公式ウェブサイトをチェックするのもお忘れなく。Twitchページでは、彼らのスーパープレイも視聴できます!